口臭ケアの決め手

口臭ケアの為の効果的な方法について考えて見ましょう。


最近では口臭対策の商品がズラリと並んでいますが、口臭ケアの為に皆さんは何か使っているもの
がありますか?


私自身は食後に必ずガムを噛むようにしたり、食後はお茶で口をすすいだりして、唾液の分泌を
促したり、食べ物のカスかお口の中に残らないように気をつけています。


病気が原因の口臭は別として、生理的な口臭ケアには唾液の分泌が大きくかかわっている為、
いかにして常にお口の中を潤わせ、口臭を予防するかにかかっていると思います。


また緊張などの精神的ストレスも唾液の分泌量が減り、口臭の大きな原因になりますので、
ストレス対策にも注意する必要があります。


そして口臭ケアの中で注目したいのが、舌の上に白くうっすらと出来る舌苔(ぜったい)
のケアを心がける事でしょう。


舌の上の舌苔が厚くなると、口臭は強くなりますので舌苔のケアは口臭予防に大切な事です。


また舌苔は病気が原因でも出来ますので、舌苔がよく出来る人はお口の中だけの原因だと決め付けず、
病気があるかもしれないと疑ってかかることも必要です。


近頃では口臭ケアの為の舌磨きグッズが販売されているようなので、ドラッグストアを覗いてみる
事をお勧めします。


舌苔を取る時に注意しなければならないことは、舌を磨き過ぎない事です。


あまり磨きすぎると唾液の分泌が減り、逆効果になってしまいます。


口臭ケアには、唾液分泌促進と舌苔除去が口臭予防の鍵となるようですね。

口臭検査のススメ

皆さんの中には、自分に口臭があるのかどうかとか、他人に口臭で迷惑をかけているのではない
かとか不安になった事があるのではないでしょうか。


そうした不安を解消するために、口臭外来で検査する事をお勧めします。


口臭外来は主に大学病院で増えてきており、口臭の原因や強さの検査が可能で、予防対策や治療まで
行ってくれる、口臭が気になる人にとっては大変有難い医療機関です。


口臭の原因は口腔内細菌によるもの、揮発性油を含む食品によるもの、病気によるものに分けられ、
口臭の検査方法として生活習慣に関系した問診や、官能試験といって直接お医者さんが口臭を嗅ぐ
方法、そして科学的に呼気を調べたりする方法などがあります。


もしこれらの検査で口臭が気になるほど強くない事に気づけば、口臭を気にする精神的ストレスが
なくなりますので、安心して他人とコミュニケーションが取れますよね。


ある口臭外来での口臭原因の統計結果よると、その原因の6割が歯周病によるものだったと言う事です。


また口臭の原因の95%が口の中で発生する事を考えると、口臭は口腔環境を整える事によって
その殆どが解消してしまうという事でしょうね。


歯周病の場合、「メチルメルカプタン」という成分が強い口臭を引き起こしている原因であり、
この成分を発生させる原因が、歯ぐきの歯周ポケットや舌に溜まる「舌苔」にあります。


もし口臭検査によって歯周病であることが判ったならば、歯ブラシによる定期的な舌の掃除と
適切な治療を行う事が必要でしょう。

気になる口臭の予防

口臭は他人に迷惑をかけるばかりでなく、それを知らされた本人も精神的なショックを
受けるものなので、元来口臭に敏感な日本人にとっては、特に問題視されています。


気になる口臭は、自分では気づかないことが多い為、知人や家族からの指摘によって始めて
気づくことが多いのです。


そこで対策を考えるわけですが、軽い口臭なら歯磨きやガムなどを噛んだりして、口臭ケアに
努めればよいのですが、病的な口臭の場合は問題です。


気になる口臭の原因はいくつか考えられます。


まず始めに考えられるのは、口の中の食べかすが溜まって出来る歯垢でしょう。


食べかすに細菌が繁殖すると歯垢が出来ます。そしてこれをそのままほおっておくと歯石になります。


歯医者さんに虫歯治療に行くと、治療中に歯石を取ってくれたりします。


歯石は虫歯や歯肉炎の原因となっていて、中には歯石だけを定期的に取りに来る人もいるくらいです。


気になる口臭は、こうした歯垢や歯石、そして虫歯などが原因となって起こるのです。


次に歯茎のトラブルである歯肉炎が原因の場合です。


歯茎が炎症を起こすとブヨブヨになり、次第に膿が出るようになると臭いを出すようになります。


歯肉炎にかかる人は非常に多く、歯槽膿漏に繋がる病気なので早めの治療が必要です。


次に考えられるのが入歯の隙間に食べかすが溜まる事によって発生する口臭です。


これには、しっかりとした調整が必要でしょう。


そして舌に白く溜まる舌苔も気になる口臭の原因の一つです。


舌苔が原因の場合、一週間に一度ぐらいは舌の掃除をする事で気になる口臭を予防出来ます。

口臭の意外な原因

口臭の原因は、主に虫歯や歯茎の病気、嗜好類、ダイエットや口呼吸によるものなどですが、
腸内環境の悪化によって発生する場合もあるので注意が必要です。


口の中の口臭対策をしても口臭が治まらない場合、腸内環境の悪化を疑ってみる必要があります。


口臭の原因が腸内の場合、善玉菌として知られているビフィズス菌の減少により、悪玉菌が
増えてしまい、その結果未消化の物質が分解される事により、悪臭の強いガスが発生してしまうのです。


こうして悪臭を放つガスが腸から血液に入ると、結果として口臭や体臭に繋がるのです。


そうなると、いかにして善玉菌(ビフィズス菌)を増やし悪玉菌を減らす事が、腸内環境の
バランスを整えて口臭を予防する為の重要な鍵となってきます。


では口予防の為に善玉菌(ビフィズス菌)増やすにはどうしたらいいのでしょうか?


皆さんの中にも善玉菌(ビフィズス菌)を含んだ食品のいくつかは思い当たる事と思います。


善玉菌(ビフィズス菌)が増えるのを助ける食品は、皆さんも良く知っているヨーグルトで、
その他に納豆や漬物などがあります。


そして善玉菌(ビフィズス菌)が育つ環境を整える食品は、野菜類、果物類、海藻類、穀類、豆類
などで、これは日本食の基本であり、腸内環境にとても良い食品であることがわかりますね。


また善玉菌(ビフィズス菌)が好む食べ物としては野菜や豆類、乳製品などがあります。


悪玉菌が好むのはタンパク質と脂肪なので、肉食中心の食生活は出来るだけ控えたほうが良いでしょう。


普段のバランスの良い食生活から、口臭の予防対策に努めたいところですね。

あなたの口臭大丈夫?

自分の口臭を自覚できる人は少ないのではないかと思います。


家族や友人から指摘されて初めて気づく方も多いのではないでしょうか?


これは嗅神経が自分の臭いに対して麻痺してしまっている為で、常に同じ臭いを嗅ぎ続けていると
脳が次第に鈍感になり臭いに無反応になってしまうのです。


自分がどの程度の口臭があるのか気になって、友人や知人と話す事が不安になってくると、
コミュニケーション恐怖症になってしまいかねません。


口臭の原因は様々ですが、予防の為のいくつかの方法をご紹介しましょう。


歯磨きや舌の汚れを落とす事は口臭予防の基本ですが、ドラッグストアで売られている含漱剤や
洗口剤でうがいをしたり、ガムを噛むことをまずお勧めします。


最近のガムは口臭予防の為に力を入れて製造されており、携帯にも便利なので特にお勧めです。


また口臭予防の為に普段から気をつけなければならないことは、食生活の改善でしょう。


できるだけ柔らかい食べ物を食べ、野菜や穀物中心の食生活を心がけるようにしましょう。


そして食後は必ず口をすすいで、食べ物のカスがお口の中に残らないようにする事です。


それからできるだけストレスのない生活を心がけ、休日はゆったりと過ごす事が望ましいですね。


しかしどうしても口臭が気になったり、自分に口臭があるかどうか不安な方は、やはり専門医に
相談してその原因を突き止め、治療に専念する事が必要だとおもいます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。