口臭の意外な原因

口臭の原因は、主に虫歯や歯茎の病気、嗜好類、ダイエットや口呼吸によるものなどですが、
腸内環境の悪化によって発生する場合もあるので注意が必要です。


口の中の口臭対策をしても口臭が治まらない場合、腸内環境の悪化を疑ってみる必要があります。


口臭の原因が腸内の場合、善玉菌として知られているビフィズス菌の減少により、悪玉菌が
増えてしまい、その結果未消化の物質が分解される事により、悪臭の強いガスが発生してしまうのです。


こうして悪臭を放つガスが腸から血液に入ると、結果として口臭や体臭に繋がるのです。


そうなると、いかにして善玉菌(ビフィズス菌)を増やし悪玉菌を減らす事が、腸内環境の
バランスを整えて口臭を予防する為の重要な鍵となってきます。


では口予防の為に善玉菌(ビフィズス菌)増やすにはどうしたらいいのでしょうか?


皆さんの中にも善玉菌(ビフィズス菌)を含んだ食品のいくつかは思い当たる事と思います。


善玉菌(ビフィズス菌)が増えるのを助ける食品は、皆さんも良く知っているヨーグルトで、
その他に納豆や漬物などがあります。


そして善玉菌(ビフィズス菌)が育つ環境を整える食品は、野菜類、果物類、海藻類、穀類、豆類
などで、これは日本食の基本であり、腸内環境にとても良い食品であることがわかりますね。


また善玉菌(ビフィズス菌)が好む食べ物としては野菜や豆類、乳製品などがあります。


悪玉菌が好むのはタンパク質と脂肪なので、肉食中心の食生活は出来るだけ控えたほうが良いでしょう。


普段のバランスの良い食生活から、口臭の予防対策に努めたいところですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122838043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。