口臭検査のススメ

皆さんの中には、自分に口臭があるのかどうかとか、他人に口臭で迷惑をかけているのではない
かとか不安になった事があるのではないでしょうか。


そうした不安を解消するために、口臭外来で検査する事をお勧めします。


口臭外来は主に大学病院で増えてきており、口臭の原因や強さの検査が可能で、予防対策や治療まで
行ってくれる、口臭が気になる人にとっては大変有難い医療機関です。


口臭の原因は口腔内細菌によるもの、揮発性油を含む食品によるもの、病気によるものに分けられ、
口臭の検査方法として生活習慣に関系した問診や、官能試験といって直接お医者さんが口臭を嗅ぐ
方法、そして科学的に呼気を調べたりする方法などがあります。


もしこれらの検査で口臭が気になるほど強くない事に気づけば、口臭を気にする精神的ストレスが
なくなりますので、安心して他人とコミュニケーションが取れますよね。


ある口臭外来での口臭原因の統計結果よると、その原因の6割が歯周病によるものだったと言う事です。


また口臭の原因の95%が口の中で発生する事を考えると、口臭は口腔環境を整える事によって
その殆どが解消してしまうという事でしょうね。


歯周病の場合、「メチルメルカプタン」という成分が強い口臭を引き起こしている原因であり、
この成分を発生させる原因が、歯ぐきの歯周ポケットや舌に溜まる「舌苔」にあります。


もし口臭検査によって歯周病であることが判ったならば、歯ブラシによる定期的な舌の掃除と
適切な治療を行う事が必要でしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。